目を良くする

ウォーキング

パソコンやオフィスワークをしている人は、目に疲れを感じる方が多いかと思います。
そんな目の疲れ眼精疲労などに良いと、よく言われているのがブルーベリーです。そのブルーベリーには目に良いと言われているアントシアニン成分が多く含まれているからです。
その効能について紹介していきます。

■目の視野を広げてくれるとともに、疲れも改善する
ブルーベリーのアントシアニンには、血液の流れを綺麗にしてくれる効能があります。また、近視が進まないように抑えてくれる作用もあります。特に目の網膜に必要なロドプシンの働きを補助してくれます。
特に目の網膜に必要なロドプシンの働きを助けてくれます。ロドプシンは目で見たものを脳に伝える働きをしています。このロドプシンが減ってしまうと、一過性の近視になってしまい、近くしか見えなくなってしまう現象が起きることもあります。
そのようにならないために、ブルーベリーなどを摂取して予防します。
ブルーベリーを毎日食べる人は殆どいません。そのため、多くの人はサプリメントなどの補助食品を利用して不足している栄養を摂るようにしています。

■パソコンや携帯の光から目を守ります。
現代は、インターネットが普及しているため、パソコンやスマホなどといった画面を酷使している人が多く、ドライアイや近視など目への悪影響が問題となっています。
携帯やパソコンなどの画面には、ブルーライトが張り巡らされ、それが目にダメージを与えてしまうためトラブルを招くのです。
ブルーライトは、活性酸素を体の中に発生させてしまい、目の細胞を壊す恐れがあります。
現代は、インターネットとは切っても切り離せない環境であるため、日頃からブルーベリーと同じ効能をもっている、サプリや補助食品を取り入れるのも良い方法であります。

■緑内障を防ぐ働きがあります。
アントシアニンには、緑内障を予防する効果があります。緑内障の原因は活性酸素が活発になることです。活性酸素が目の網膜を傷つけてしまい、視野の一部分が視野欠損を起こしたりします。
そうならないためにも、緑内障を予防する必要があります。緑内障は基本的に眼圧が高くなって起きる症状なので、少しでも目に違和感を感じたら眼科へ行くようにします。
ブルーベリーで、眼圧を下げることはできませんが、目に栄養を与え予防対策にはなります。

■白内障を防げます。
白内障の殆どが、紫外線を長年浴びることにより、目の中にある水晶体が白く濁ってしまう症状であります。長年の紫外線の蓄積で、高齢の方に多く見られる症状であります。
これらも、アントシアニン成分をとることで状況をなるべく悪くしないよう予防策となっています。

オススメリンク

ストレッチ

便秘が治る

便秘を治すには、食物繊維をとることが必要になります。食物繊維…Read more
ポージング

内臓の脂肪を取り除く

万能な果実ブルーベリーは内臓に溜まっている脂肪を取り除いてく…Read more
横顔

糖尿病も防げる

甘いものを取ると脳にいいと言われていますが、摂り過ぎては身体…Read more
ボウルに入ったブルーベリー

近視の改善

ブルーベリーには近視の目にも効能を発揮します。近視というのは…Read more

関連リンク